古着買取について注意しなければいけないこと

シーズンごとに増える洋服もまだまだ着れるのにもったいないけど着ないと思うとオークションサイトやフリーマーケットでの活用を考えてしまいますがすべて売れるとは限らないということも視野に入れて古着買取がお勧めです。

まずお店の方は服の状態をすぐ確認します。

1.冬服であれば毛玉の処理はしているか、

2.夏服や子供服であれば色あせやシミなどがないかなどに気を付けたほうがいいです。

3.シワなくきれいにたたんだ状態で持ち込むことは絶対条件です。洗濯済みの服やアイロン済みであれば尚更良いといってもいいでしょう。受け取る側も清潔やちゃんとしている方ということで好印象を持たれます。

しかしながらブランドものでもこんな値段でと思うかもしれません。ノーブランドであれば何枚でという買取になるかもしれません。ですがネットでも古着買取と検索すればいろんなサイトが出てきて見積もりもしてもらうことができるので手軽に利用できるひとつと言えるでしょう。

不要な古着買取りをしてもらう流れ

不要になった古着買取りしているお店があります。不要な衣服がクローゼットに眠っている人も多いと思います。そんな古着を売って、お金をもらえたら嬉しいです。

店舗を構えて買取をしているところがあります。古着だけでなく、家具や本などを一緒に買いとってくれるところもあります。流れは、買取カウンターへ買取りしてもらいたい物を持ち込みます。その物をお店の人が査定します。査定時間は、混み具合や持ち込みした量にもよりますが、数分から数十分で終了します。査定終了を知らされ、金額の提示があります。その金額で納得であれば、了承し現金をもらい、終了となります。その金額なら売りたくないと思った場合は、持ち込んだ物を受け取ります。買取成立した場合、サインの他に身分証明書の提示を求められる所もあるので、事前に用意しておくとスムーズにいきます。

最近では、段ボールに古着を詰めて送るとまるごと買取りしてくれる古着買取業者もあり便利です。私は移動する手間などを考えるとネットを利用して買取をしてもらった方がいいですけどね。なかなかお店に行くと断りにくいじゃないですか?

古着買取専門業者に売ろう

必要のない古着があるなら、古着買取専門業者に目を向けてみるようにしましょう。買取業者にも得意分野があるので・・洋服を売りたいのなら洋服の買取に強い買取業者を探すことがいいでしょう!!適当に業者を選んでも納得の金額にならないことが多いので、業者を選んで手放すつもりでいるなら、間違いのない業者を選ぶことが大事だといえます。

信頼と実績のある業者の情報を掴むためにも、様々なツールやコンテンツを活用してみるようにしましょう。インターネットを利用して情報を入手すると言うのが得策ですが、その場合は、宅配買取専門業者として大きいところに目を向けることが大事です。口コミ情報サイトおよびランキングサイトなどを確認しつつ、古着買取をしてもらったことがあると言う人の体験談は必ず確認するように。その上で、高額な買取査定金額をつけてくれる業者にお願いすることが大事です。

ブランド品なら、かなり高額な金額になりやすいので、まずは自分が所有しているブランド品の一般的な買取価格相場をチェックしましょう。その上で、良心的な金額をつけてくれる古着買取専門業者にお願いすることが大事です。

特にブランド品は思いもよらない金額が手に入る時もあるからです。

古着買取のセオリーを把握しましょう

古着買取に関しては、セオリーをしっかりと把握するようにしておきましょう。間違いのない業者に声をかけて、きちんとした買取をしてもらうことが重要です。

自分が所有しているブランド品がどのくらいの金額で出回っているのか、そのことに関してきちんと整理をしておいた方がいいでしょう!!

インターネットを利用し、一般的な古着買取専門業者のホームページをチェックして、どのくらいの金額で出回っているのかを見極めるようにしておきたいところです。ホームページを確認するだけではなく、口コミ情報などをチェックすることができるサイトにも目を向けて、バランスよく情報を入手することが大切です。最終的には、こちらが所有している古着を、それなりの金額で手放せるようにしておきたいところです。

新しい古着を購入したいと考えているのであればなおのこと、高額な古着買取を目指すことが重要となるでしょう。ぜひともまとまったお金を手に入れるようにしておきたいところです。

洋服の整理法8つの心得

今日は具体的な掃除方…片付け方といったほうが良いかな。を書きます。実際に私が試行錯誤してやった整理法です。整理とは・・よく製造現場などで言われるようにいる物といらない物を選別する作業です。

洋服の場合はかさばりますよね。その上なかなか捨てられない。でも自分でルールさえ作ってあげれば他の場所やものよりもずっと片付けしやすいんです。
ここでは、洋服の片付け方、捨て方、選別の仕方を書きます。
明らかに着れない服はないという仮定でいきます。

1.準備

適当に洗濯した綺麗なものを置ける場所を作ります。クローゼットをすべて出し切ってカラにしてそこを置き場にするのがお勧めです。箪笥とかではなくざっくりと置けて他と混じらないので使いやすいです。
中に入っていたものをどうするか…そこら辺に放置です。

そして洗っていないものも場所を決めます。こっちは床で良いです。山積みにしてコンパクトにしといてください。この段階ではまったく選別したりする必要はないのでとにかく洗ってないものだけをひとまとめに。洗面所とかに入りきる量ならそれもいいですね。
とにかく洗ったものと洗ってないものをはっきり分けてください。
絶対に混ざらないように!
次にゴミ袋をたくさん用意してください。洗濯した季節外れのものを一時的にしまうだけなのでゴミ袋で充分です。合わせて防虫剤も用意してください。
それから、洗濯を出来る環境を整えてください。もの干し竿・ハンガー・洗濯用洗剤・(お出掛け着用と普通用・柔軟剤など)洗濯バサミ・洗濯ネットなど。もちろんコインランドリーでもOKです。

2.とにかく洗濯する

どんどん洗濯しましょう。何週間かけても良いです。すべてのものを洗濯しましょう。
洗濯の優先順位としては、

1.今すぐ必要なもの(旦那の仕事着とかタオルとか下着とか)
2.季節外れのもの
3.今着れるお出掛け着
4.クリーニングに出すような物

3.洗濯したものをしまう

洗濯して畳んだ物をクローゼットに山積みにしていってください。
軽く分別します。畳むのは面倒かもしれませんが、ここがスキル上げできるチャンスと思って頑張ってください。
上に書いた洗濯の優先順位程度の分別で良いです。(ただしクリーニングに出すものは出す前の状態で別にする)その際、捨てるとか捨てないとかはまったく考えずに季節外れの服はガンガンゴミ袋に詰めていってください。今なら冬服ですね。明らかな冬服のみにしてください。これは次のシーズンにやります。今着ないのにいるいらないを判断すると間違った判断をしてしまいがちなので今はしません。防虫剤も忘れずに入れていってください。これはもう次のシーズンまであけません。

4.片っ端から洋服を着てみる

今クローゼットの中にあるのは今着れる服が多いはずです。
それを片っ端から着て行ってください。お出掛け着でも家着でもすべて。丸1日着てみてください。朝起きてまずクローゼットを見てなんでもいいからとりあえず着る。そして夜、その服を評価してみてください。それは本当に必要な服なのか、気に入っているのか、着心地が良いか、それが箪笥に入っていたら絶対に着る服なのか。丸1日着て吟味してください。そして少しでもサイズが合わなかったり微妙だと感じたら迷わず捨ててください。洗濯はしなくていいですよ!
保留なものだけはまた洗濯してクローゼットに戻しておきます。そしてまた自分が納得するまで何度でも着てみて判断しましょう。
そして必要だと感じた洋服は洗濯して本格的に収納していきます。

5.分別して収納

収納家具に収納していきます。箪笥でもプラケースでもなんでも持っているものでいいです。種類別・着る人別に分けましょう。ちなみにうちは箪笥はありません。全部プラ。
そんなに細かく分けなくてもいいです。各人部屋着・お出掛け着で分けてお出掛け着の中でも上下を分ける。コートなどのアウターは別に吊り下げる。見たいな感じで。
このときラベルを必ずつけてください。百均で買って来ても良いです。もう面倒ならガムテープにマジックで。ただ、ガムテだと跡が残るので注意してください。
とりあえずこれで終了です。

6.クリーニングに出す

自宅やコインランドリーで洗濯できないものはクリーニングに出すことになりますが、出来るなら最後らへんで出してください。
先に出してしまうと収納できる場所がありません。せっかく綺麗になってもまた汚れてしまえば出す意味がありません。
クリーニングに出すものの選び方ですが、極力出すものを抑えたほうが良いです。仕事で使うスーツや冠婚葬祭用など本当に必要なものだけ。それ以外は自分でどうにかできる様努力してみましょう。
それから、しまう場所もきちんと確保しておきましょう。クリーニングに出すほどの大切な服なんですから他のものが影響しない場所に隔離しましょう。

7.洋服を買う

どんどん処分した変わりにご褒美に服を買いましょう。
これだけ苦労してスペースを作ったり洗濯したり頑張ったんだから選び方も今までと変わって来るはずです。
もう分かっていると思いますが注意する点は3つ

・自分で洗濯しやすい服
・着心地がいい服
・収納しやすい服

ただ可愛いとかだけじゃなくてこの3つも考えながら買ってみてください。っていうか今まで持っていた服をとっかえひっかえ着た後なので実はこの3つがいつの間にか条件になっているはずです。
こんだけ苦労して片づけすればもう洗濯しにくい服は買いたくないはずです。

8.維持する

片づけを完了してからおそらくホンの数ヶ月で次のシーズンがきます。それまで頑張って維持です

今のいい状態をいつまでもキープすることです。なかなか大変な事ですが実行してください。

洗濯が少しぐらい滞っても絶対に混ぜないでください。せっかくの苦労が水の泡です。写真にでも撮って維持するのも分かりやすくて良いです。次シーズンになればまた1からやり直すのでそれまでの辛抱。洗濯して元の棚に戻すことを心がけてください。そのうち習慣になるはずです。

さて、こんな感じでワンシーズン分の洋服はどうにか整理できるはずなんじゃないでしょうか。
また季節が変わったら同じことをしましょう。丸1年かけて整理することで不思議とうまく片付いて行きます。
ちなみに春秋のものはごっちゃまぜで良いです。
基本春秋は一年中出しててOK。夏とかでも気温によっていきなり長袖着たかったりしますもんね。
まあ、この春秋だしっぱなルールは最近変えようかと思ってるんですがそれは一歩進んで箪笥にきちんとしまえるようになってからの話。汚部屋から脱出する頃ぐらいなら出しっぱなで全然問題ないです。

物を捨てる基準

どういうモノを捨てるか?という判断は人や環境によって
それぞれ違うので、一概にこれを捨てたらいいよ。
ということは判断しにくい物です。

どういうのを捨てたらいいのか、
分からない。という方に、私が実践したり
本などで調べてみた捨てる基準(リサイクルも含む)
をこのページでは一部紹介してみます。

紹介する捨てる基準は、絶対ではないので
参考程度に!!

いらないモノを「要る」「要らない」「迷う」に分類わけする方法

手に取って(いらない服処分)5秒間ほど考えて、これは要るのか要らないのか
判断します。

なかなか思い出の詰まった物や大切な人からもらった物など

は多少思い出してくださいね!

決められないモノは迷うモノとしてダンボール箱などに
まとめて入れておきます。1ヶ月後など、しばらく時間を置くと
要るか要らないのか判断しやすくなります。

「要らない」と判断したものは、使えないモノだったら捨てて、
まだ使えそうなモノは誰かにあげるか、フリーマーケットや
リサイクルなどに出します。

ただ捨てるのではもったいないので、私の考えでは断然売った方が得です。